いすみを知る

いすみ市ってこんなとこ・・・・?

移住ガイドブック 2013改訂版

冊子をご希望の方は、お電話かメールでお問い合わせください。

TEL : 0470-62-1332

E-MAIL

いすみ市を移住候補地として興味を持っていただける方や田舎暮らしを希望する方を対象に「移住希望者向けのガイドブック」を作成しました。

写真:万木城

市勢

平成17年12月5日に、夷隅郡夷隅町と大原町・岬町の3町が合併して誕生したまちで、人口は39,900人(H28.3.1現在)です。市の面積は157.44平方キロメートル。

主な産業は農業で、沿岸地域の平坦部と内陸部で米、野菜の生産や畜産などが行われています。漁業に関しては近海に良好な漁場を有し、水揚げ量日本一のイセエビやたこなど、様々な種類の海の幸が揚がっています。

穏やかな丘陵地と風光明媚な海岸線など自然景観に恵まれているとともに、海洋レジャーの適地として首都圏などから、多くの観光客が足を運びます。

気候

房総半島の東方沿岸を流れる暖流(黒潮)の影響で、年間を通じて暖かく、降雪は稀で積もっても数センチ程度。非常に暮らしやすいまちです。

仕事

安定した生活をするうえで仕事につくことは重要です。それは田舎でも都会でも同様です。様々な求人情報にアンテナを高くしましょう。 ・求人検索サイト  - ハローワークインターネットサービス  - キャリアジェット(いすみの求人)

いすみでの生活

多くの日本の田舎と同様に、いすみ市にも古くから地域に伝わる習慣やルールがあります。ここでは、そんないすみでの生活ルールを紹介します。

住まい

公営住宅や民間アパートなどもあります。

畑付き古民家、サーファー向け物件、ワンルームタイプのアパートなどスタイルに合わせた物件があります。また公営住宅もありますので、詳細については担当課にお問い合わせください。

市営住宅には入居条件がありますので、詳細については担当課にお問い合わせください。 ・・・・・都市整備課へ 0470-62-1204

空き家等、不動産等のお問い合わせは・・・ (社)千葉県宅地建物取引業協会 南総支部 外房地区 注:上記団体からの提供情報によるものです。

いすみ市基本DATA

写真:太東灯台
人口 39,900人 (平成28年3月1日現在)
19,609人
20,291人
世帯数 16,861世帯
面積 157.44平方キロメートル

市への交通

主な道路は、南北に国道128号線、東西に国道465号線、主要地方道2路線、一般県道11路線があります。鉄道については、JR外房線と第三セクターによるいすみ鉄道があります。

車で都心までは2時間30分、JR特急なら70分と比較的近い距離にあり、都内への通勤圏でもあります。

案内図