御田さん、ご一家
―何度も訪れて―
(亜季子さん)私はずっと東京で働いていたのですが、自然が豊かなところに移り住みたいという思いがありました。インターネットで、東京からほど近く、自然もあるという場所を探していすみ市を知り、それからは、いすみ市へ相談に訪れたり、田舎暮らし体験ツアーにも参加しました。
いろいろと見せていただいて、なんか良さそうな場所だな、ということで本格的に土地を探して引っ越して来ました。
(勝義さん)自分は、マクロビを実践しているエコビレッジが、きっかけで、いすみ市へ来ました。当時、シェアハウスに住んでいて、そのシェアハウスのシェアメイトの元に、妻が度々、訪ねてきたのが、二人の縁ですね。
―地域の方に支えられて―
カフェなどの経営については、ご近所の方々もあたたかく見守ってくれているな、と感じています。この辺りは移住された方も多いようで、閉鎖的な感じはありませんでした。むしろ「いつできるの?」「楽しみにしているね」って声をかけていただくことの方が多くて。 オープンの日には区長さんがお花を持って食べに来てくださいました。また、何を建てているんだろうって思われていて、『オープンしたので食べに来たよ』という方もいて。この地域の方々に支えられているんだな、と感じます。
―実際に見て感じることが大切―
「何でいすみ市にしたの?」なんてよく聞かれますが、「ピンと来たから」と答えています。理由をあげようと思えば、例えば土地代が安いとか、海もあるし山もあるとか、いろいろとあるのかもしれませんが、やっぱりなんか「あ、いいな」っていうところが大きいですね。自分が「いいな」って思った所って、必ず何か自分とひきあうものがあると思うので。なので、まずは実際に見に来ることをお勧めします。
●御田さんについて、詳しくはこちら。
【HP】『green+』